Link-Loop
--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.30_12:53
ちょっとだけ衰えを感じるミッキーです(ToT)


何だろう、イマイチ回復が追い付いて来ない、この感じ★

今までは一晩寝たらまぁシャキッとしてた訳ですが、今は何となく身体にうす~い皮が一枚残ってるみたいに疲れが残ってる(><。)。。

そんで、その疲れの薄皮が毎日少しずつ重なってく感じ…(ノ_<。)

なんか微妙に、なんすよ。すげー疲れた、とかではなく★




こんな時、皆どうするんだろ?
岩盤浴でも行こうかな~( ̄ー+ ̄)ニヤリ
スポンサーサイト

みなさん、おはようございます!!

こんにちわ!!

こんばんわ!!


どんな時間にご覧になっているのかわからなかったので、

たまには、全時間対応にしてみました。


恥ずかしくて、「おはこんばんちわ」とは言えなかった、小心者のホーリーです。

結局言ってますが・・・


さてさて、今日お送りするのは、

世界のビックリドッキリストーリーをお送りする「ホーリーのDo you believe?」。

今回は、ちょっと不思議な?夢のある?お話をお届けしたいと思います。


突然ですが・・・、


みなさんは宇宙人っていると思いますかー!?


ボクは・・・、

いてほしいなー!!

と思ってます。

一応、UFOっぽいものを見た経験もありますし。

某局の番組○ンビリ○○ーも担当してましたし。


でも、これをご覧の方の中には、


いるわけねーじゃん!!


と思ってる方もいることでしょう。

では、この人の証言ならどうでしょうか?

はい、写真ドン!

CNN200904210010.jpg

誰??

と思ったアナタ!

この人は、NASAの元宇宙飛行士エドガー・ミッチェルさんです。

1971年にアポロ14号で月に着陸した、すごい宇宙飛行士さんなんですよ~。


実は、この人が、4月20日に

UFOマニアの祭典「Xカンファレンス」で、「地球外生命体は存在する」と断言したそうです。

UFOマニアの祭典っていうのが、うさんくさいかもしれませんが・・・(汗


ミッチェルさんは、米政府などは事実を隠していると主張していて、

「宇宙にいるのは我々だけではない。
 我々は惑星社会の一員になるべく運命付けられている。
 自分たちの惑星を超え、太陽系を超えて、
 外の世界の現実を見出さなければならない」
と語っているとのこと。

う~ん、NASAの人はいうことがいちいち高尚ですね。

しかも、ミッチェルさんが育ったニューメキシコ州ロズウェルは、

1947年にUFOが墜落したとの説が伝わる地だそうです。

※この一件は、その筋では超有名な事件です。
 詳しいことが知りたい人は、「ロズウェル UFO 墜落」とググってみてください。
 いっぱい出てきます。


そんな土地で育ったミッシェルさんによると、

「住民は軍当局から、見聞きしたことを話してはならないと口止めされ」、

 もし話せば「恐ろしい結果を招く」と警告されているそうです。

さらに、

「住民は秘密を抱えたまま死にたくないと考え、打ち明けられる相手を探していた。

 私が地元出身で月に行った人間であることから、

 信頼できると考えてその話を打ち明けてくれた」らしく、

10年ほど前に国防総省と面会の約束を取り付け、

統合参謀本部の司令官がロズウェル事件の真相について調べてくれると約束してくれ、

UFO墜落説は「確認された」が、それ以上詳しく調べることはできなかったとのこと。

ただ、この司令官は今ではUFO説を否定しているそうですが・・・。


それでも、

「我々が(宇宙からの)訪問を受けているのは間違いない。」

とミッチェルさん。


対するNASAの広報は、

「NASAはUFOの追跡は行っておらず、

当惑星においても別の場所においても、

地球外生命体について一切隠し事はしていない」

と答えているみたいです。


さてさて、真相はどうなのか??

あなたは、どう思いますか??


                                     from ホーリー



2009.05.21_14:57
先日2回目を受けた。


混乱。

ひたすら混乱。


…では何も伝わらないので、出来る範囲で説明します。


今回は事前に15個のアンケートに回答しており、それを元にコーチを進める。

アンケート内容は、
「あなたは20年後どうなっていたいですか」など。

そもそも根本に問いかけてくる。



そんなアンケートの回答を元に掘り下げる。掘り下げる。


どうやら、チョーポジティブと思われがちな俺の根っこはチョーネガティブ。


…そんな事知ってた。


さらに掘り下げる。


するとそこには、今まで自分では意識した事のなかった「不安」要素。

でも、普段直接意識しなかっただけで昔からその「不安」は俺の中に、確かにあった。


そもそもその「不安」は大げさな言い方をしてしまえば、生きていく事に対する「恐怖」にすらなりえるものだった。その「不安」や「恐怖」が爆発しないように俺の行動は決まっていた。


…うまく言えないケド

「行動」の元となる意思決定のポジティブ側の要因として、

「他者からの深い共感」


ネガティブ側の要因として、

「不安・恐怖」(因みにその内容や詳細は人にはアウトプット出来ませぬ)



そう考えると、確かにその2つは繋がっていて、俺の大小問わず行動の大きな要因になってる。



どこまでも、自分と向き合う事を要求されるコーチング。


…まだまだ始まったばかりです。

みなさま、こんばんわ!

めっきり暑くなってきたこのごろ、いかがおすごしですか??

額に汗かき、背中に冷や汗かき、今日もお仕事頑張り中のホーリーです。


さてさて、久しぶりの更新になる今回は、

世界のアンビリーバブルな話をお送りする「ホーリーのDo you believe?」をお届け。

お話の舞台は・・・、情熱の国スペイン

・・・らしい。

「・・・らしい!?」と思わず声をあげてしまったアナタ!

そこには大人の事情と欲望があるわけですよ。


とまあ、前置きはこれくらいにして、本題に入りましょう。

このたび、ヨーロッパで夢のありすぎる話が明らかになったんです。

それは、「宝くじ」!

みなさんも一回は考えたことがあるんじゃないですか??

「3億円当たったらどうしよう??」なんて。

もちろん、ここで取り上げるんだから、3億円なんてケチな額じゃありません。

いくらだと思いますか??




6億円??





10億円??





そんなもんじゃないですよ。


正解は・・・


・・・


・・・


・・・


170億円!!(チーン!!)

もう、仕事する気なんて、これっぽっちもなくなるような目ん玉飛び出る金額ですね。


この当選額が出たのは、ヨーロッパの宝くじ「ユーロミリオンズ」。

5月8日夜に行われた抽選で、7600万分の1の確率となる大当たりが出て、

ヨーロッパでの1枚の当せん額としては、

過去最高となる賞金1億2600万ユーロ(約170億円)を、

スペインのくじ購入者が当てたと主催者が発表したんです。


過去6週間にわたって当せん者が出ず、賞金が繰り越されていたので、

ここまで金額がふくれあがったんだとか。


ちなみに、マドリードの中心部、アルカラ通りにある

宝くじ売り場「ザ・ブラック・キャット」の経営者が、

今回当せんしたくじを販売したのは自分の売り場だったと明らかにしたそうですが、

当せん者については「身元も国籍も分からない。観光客の可能性もある」と語っているそうです。


最近スペインへ旅行に行ってきたという友達がいるアナタ!

もしかしたら、その人は超億万長者かもしれませんよ!!

頑張って探して、ちょこっと分けてもらって、ボクと山分けしましょう!!


・・・せこいとか、他力本願とか、突っ込みは全力でスルーします。


                                      from ホーリー


2009.05.14_22:31
ってあんまり利用したことなかった。


…なぜか?


何かスゲー面倒くさそう(>_<)


家電量販店とかのポイントは簡単だから使うけどね★



んで、この度プロバイダを解約したんだけど、解約しようとしたら、


「ポイント消えちゃうよ?」


的なメッセージ。


何か解らんが15000ポイント位たまってるし、無性に勿体無い気がしてきた。




…で、



調べてみると、何か色々貰える(・_・)......?



ただで貰える…<<o(>_<)o>>





っつーことで、全然欲しくなかった「爪切り」とあったら欲しいけどまぁ買うほどじゃねーなーって「キッチンバサミ」。



頂きましたm(_ _)m




…ポイントもバカにしたもんじゃないね。

2009.05.11_00:27
ども<(_ _)>

突然ですが、「幸せ」って考えた事あります??

幸せだな~って思う瞬間ってあります??

そういう瞬間を大事に大事に過ごす事。

一度つかんだ幸せの瞬間を大事に大事に胸にしまいこむ事。



一般論かもしれないけど、「幸せ」って人それぞれで、例えば、高価なプレゼントをもらう事でそれを感じられる人もいれば、がんばって作ってくれたおにぎり一個でそれを感じられる人もいる。
どっちが正しいって訳じゃない。状況によって変わったりもする。


やっぱり「幸せ」って難しい。
幸せの定義があるのなら人に対する評価も簡単に出来るけど。定義がないから解りにくい。

それでも、誰かを「幸せ」にしたいって思ったら、それに向けて全力で頑張る。だからこそ、受け取る側も「幸せ」を感じられる。

きっと、その「気持ち」ってのが、人を幸せにするんじゃないかと思う。。。












だからこそ、







そういう瞬間を大事に大事に過ごす事。

一度つかんだ幸せの瞬間を大事に大事に胸にしまいこむ事。




そんな、瞬間がたくさん貯まっていけば、


最後に、



「幸せだった!」って、



全力で言えるんじゃないかな。。。




2009.05.08_03:58
っていますか?


しばらく、本を読んでなかったんだけど今夜は久々に読んでみた。

その本は「ムーミン」

本当に名作なんです。

そして、小さな頃から憧れているのがスナフキン。


で、ムーミンの中で特に特に好きな物語が


「スナフキン、旅に出る」
(ムーミン谷の十一月)




----抜粋
ある朝早く、スナフキンは、ムーミン谷のテントの中で、目がさめました。あたりは、ひっそりしずまりかえっていました。しんみりとした秋のけはいがします。旅にでたいなあ。(中略)旅に出ようと思いたった人には、いっときいっときが、身のちぢむ思いでした。

(中略)じゃまがはいったり、人にうるさくきかれないうちにと、スナフキンは、リュックを肩にひっかつぐまももどかしく、むちゅうで走りだしました。
走りだすと、きゅうにほっとしました。葉のすみずみまで、のびのびとくつろいでいる、ぽつんと一本はなれてたった木のように、ゆったりした気持ちになったのです。
-----





一語一句無駄じゃない。本当は中略なんていれる箇所のない素敵な文章。


旅に出る。新しい世界に一歩踏み出す。まさにその時のあせりや不安、踏み出した瞬間の心地好さがこの物語にはぎっしり詰まってると思う。

何かを始めるって、旅に出る気持ちに似てる気がする。
新しい世界に踏み出すその瞬間や、踏み出した世界で迷ってしまった時に必ず読む本です。



さて、これから踏み出す人や、怖くて踏み出せない人や、踏み出す方角の解らない人へ。
それはまさに、今の自分自身なのかも知れないけど…。

スナフキンの超有名なこの言葉は、何かの励みになるかも知れない。



「おい、おまえさん、どこへいく気だね」
「わかるものか、そんなこと」




新しい世界で何が起こるかなんて、そんなのはきっと些細な事なんだな。

2009.05.06_18:40
ありがとうって言ってくれる人に、何が出来るんだろう?

自分のために辛い選択をしてくれた人に、何が出来るんだろう?

自分が幸せになるために、傷付けてしまった人に、何が出来るんだろう?

自分を守るために、嘘をついてしまった人に、何が出来るんだろう?

人を傷付けるのが怖くて、もっと傷付けてしまったり、人に嫌われるのが怖くて、自分を殺してしまったり。

それでも、自分に出来る事を探して、守れるものを選んで、見つけた大切なものは、全力で守らないといけないな。

心から大切なものを、大切にしていかないとなぁ。





ありがとうって、心から言えるために、何が出来るんだろう?

いかがわしいタイトルですみません・・・

どうも、ボクです。


最近、リクルートだかフレッシャーなのかわからないけど、

期待と不安に胸をふくらませてそうな若者たちを見かけることが多く、

「ああ~、自分がそうだった時はどうだったんだろ~な~」とか、

「入社して3ヶ月で5キロやせたな~」とか、

「ミッキーたちと海に行ったら「二度と上がってこれないと思った」って言われたな~」とか、

不安だった思い出というより、不幸だったことを思い出してます


さてさて、そんなアンフォーチュンなホーリーが、

古今東西の「信じるか信じないかはアンタ次第だって!」という話をお送りする、

「Do you belive??」のコーナー。

前回は海外の話でちょっと遠かったので、

今回は日本の軽ーいお話を。


舞台は、世界遺産・熊野古道で知られる、三重県熊野市。

去る4月6日、市内にある木本漁港にとんでもないアレが水揚げされたんです

それが・・・

コチラ












マンボウ


赤いロンTを着て、微妙な顔をしている園児。

の足元にあるもの。

なんだかわかりますか??


実はコレ、マンボウなんです。

あ、わかってました??


このマンボウ、熊野灘近海の定置網にかかったもので、

全長2・5メートル、重さは1トンを超える超大物だそうです。
(ふつうは60キロくらいなんだとか・・・)


いや~、海で泳いでるときにこんなんが来たら、

ある意味びびります

細長いヤツが来たなーと思って横から見たら、デカ!!みたいな。


ちなみに、マンボウはイルカみたいに海面でジャンプしたり、

横向きになってプカっと浮いてたりするらしいです。

一説によると、体の寄生虫をとるための行為とか言われてるそうですが、

本当のところは謎なんだとか。

プチトリビアでした~。


またネタが見つかったら、不定期に更新していきますので、

首が長くならない程度に楽しみにしててください。

                                   from ホーリー


2009.05.04_15:56
1241420162-090504_1549~01.jpg
行いがいいから、

無事到着( ̄ー+ ̄)ニヤリ




グダグダの渋滞を期待した方。

すいません(-.-)y-~~~

2009.05.04_13:54
茨城です。

普段の

行いが、

すこぶるいい俺は、

渋滞なんて巻き込まれません(-.-)y-~~~

2009.05.03_13:00
ども(^o^)/

今朝は最低な目覚めだったミッキーです!


何がひどいって、見た夢も酷かった(T_T)


なぜか、泉ピ○コとアダルトナイトをディープに、そしてスイートに過ごす夢……(-.-;)







…誰か夢判断して下さい…

2009.05.02_13:41
ってスゲー大事だよね(*^_^*)

だけどそれを作るのってむちゃくちゃ難しい(T_T)


さらに維持するのはもっと難しい気がする!

普段会わない人や、しばらく連絡が途絶えちゃった人(∋_∈)

たくさんいるよね~!

そんな人達との再会の場になるといいなぁ( ̄ー+ ̄)ニヤリ


なんて、思いつつ。

今日はこれからコーチングです!初めて受けるコーチング(>_<)
尊敬する相方さんからのご紹介(^_^)vあぁここにも新しい「繋がり」があるなぁ★

一歩一歩前に進むため、人生初のコーチングを楽しんで来ます(-.-)y-~~~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。