Link-Loop
--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.08_03:58
っていますか?


しばらく、本を読んでなかったんだけど今夜は久々に読んでみた。

その本は「ムーミン」

本当に名作なんです。

そして、小さな頃から憧れているのがスナフキン。


で、ムーミンの中で特に特に好きな物語が


「スナフキン、旅に出る」
(ムーミン谷の十一月)




----抜粋
ある朝早く、スナフキンは、ムーミン谷のテントの中で、目がさめました。あたりは、ひっそりしずまりかえっていました。しんみりとした秋のけはいがします。旅にでたいなあ。(中略)旅に出ようと思いたった人には、いっときいっときが、身のちぢむ思いでした。

(中略)じゃまがはいったり、人にうるさくきかれないうちにと、スナフキンは、リュックを肩にひっかつぐまももどかしく、むちゅうで走りだしました。
走りだすと、きゅうにほっとしました。葉のすみずみまで、のびのびとくつろいでいる、ぽつんと一本はなれてたった木のように、ゆったりした気持ちになったのです。
-----





一語一句無駄じゃない。本当は中略なんていれる箇所のない素敵な文章。


旅に出る。新しい世界に一歩踏み出す。まさにその時のあせりや不安、踏み出した瞬間の心地好さがこの物語にはぎっしり詰まってると思う。

何かを始めるって、旅に出る気持ちに似てる気がする。
新しい世界に踏み出すその瞬間や、踏み出した世界で迷ってしまった時に必ず読む本です。



さて、これから踏み出す人や、怖くて踏み出せない人や、踏み出す方角の解らない人へ。
それはまさに、今の自分自身なのかも知れないけど…。

スナフキンの超有名なこの言葉は、何かの励みになるかも知れない。



「おい、おまえさん、どこへいく気だね」
「わかるものか、そんなこと」




新しい世界で何が起こるかなんて、そんなのはきっと些細な事なんだな。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://linkloop.blog26.fc2.com/tb.php/97-2df0d966
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。